クラウドメールヘルプ

スパムチェックサービス

基本転送

ウイルスチェック

条件フィルタ

条件転送設定画面

パスワード設定

認証設定画面

スパムチェックサービス設定画面

スパムチェックサービス設定画面

迷惑メールチェックサービスを設定できます。
迷惑メールチェックサービスを設定すると迷惑メールの可能性が高いメールのヘッダに「X-Mark-Spam-Flag」が挿入されます。
ヘッダーのほか、件名にも「spam」という文字列を挿入することも可能です。

注意事項
  • 設定前からメールサーバー上に保存されているメールはチェック対象になりません。
  • 本サービスは、受信したメール内容を実績のある迷惑メールデータベースを利用して分析し、
    迷惑メールか否か判断するサービスです。100%の確率で迷惑メールを判定(検出)できるわけ
    ではありません。また、受信したメールの内容によっては、誤って迷惑メールと判定してしまう
    可能性もありますので、予めご承知ください。

1)「ON」を選択するとメールのヘッダーに X-Mark-Spam-Flag が挿入されます。
これを基にして転送する条件設定などができます。

ON メールのヘッダーに X-Mark-Spam-Flag を挿入します。
OFF 何もしません。

2)上記で「ON」を選択した場合に設定が有効になります。
ヘッダーのほか、メールの件名に[spam]が付け加えられます。
ヘッダー情報で振り分けができないメールソフトをご使用の際に活用できます。

設定する 件名およびヘッダーに[spam]が付け加えます。
設定しない 何もしません。

3)設定を変更した場合、保存ボタンを押下することで設定が有効になります。

基本転送設定画面

基本転送設定画面

受信したメールの転送先の設定を行うことができます。
転送時にメールを保存するかどうかも指定できます。
転送設定や迷惑メールブロック設定などとの関係は「メール設定の適用順序」をご覧ください。

1)プルダウンメニューより下記の何れかを選択して、保存ボタンを押下すると機能が有効になります。

保存する 転送されたメールを保存します。
保存しない 転送されたメールを保存しません。

設定を変更した場合、保存ボタンを押下することで設定が有効になります。

2)追加したルールを一覧表示します。

3)追加ボタンを押下して開くダイアログボックスを使ってルールを作成します。
保存ボタンを押下することで設定が有効になります。

基本転送設定

転送設定名 一覧表示する名称を指定します。
転送先メールアドレス デフォルトの転送先メールアドレスを指定します。

ウイルスチェック設定画面

ウイルスチェック設定画面

ウイルスチェックを設定することができます。

1)ヘッダーのほか、メールの件名は「ウィルスチェック報告」となります。
※ヘッダー情報で振り分けができないメールソフトをご使用の際に活用できます。

ON ウイルスチェック機能を開始します。メールの件名は「ウィルスチェック報告」となります。
OFF ウイルスチェック機能を停止します。

2)サイズが25MBを超えるメールを受信した場合の動作を指定します。
プルダウンメニューで選択する以外に、1)で「ON」を選択した場合に設定が有効になります。

ウイルスとして破棄する サイズが25MBを超えるメールを受信した場合、削除されます。
チェックしないで受信する サイズが25MB以上の場合はウイルスチェックを行わずに受信します。

3)設定を変更した場合、保存ボタンを押下することで設定が有効になります。


条件フィルタ設定画面

条件フィルター設定画面

指定した条件に一致したメールにフィルターをかけることができます。
フィルター設定や迷惑メールブロック設定などとの関係は「メール設定の適用順序」をご覧ください。

」をご覧ください。

1)どのフィルター設定にも当てはまらない受信メールの扱いを設定します。
プルダウンメニューより下記の何れかを選択して、保存ボタンを押下すると機能が有効になります。

設定を変更した場合、保存ボタンを押下することで設定が有効になります。

受信する ルールに合致したメールを受信します。
破棄する ルールに合致したメールを破棄します。
ヘッダーのみ受信する ルールに合致したメールのヘッダーのみ受信します。
識別ヘッダー'spam'を追加して受信する ルールに合致したメールのヘッダーに'X-Mark-Sort-Mark: spam'を追加して受信します。
識別ヘッダー'A'を追加して受信する ルールに合致したメールのヘッダーに'X-Mark-Sort-Mark: A'を追加して受信します。
識別ヘッダー'B'を追加して受信する ルールに合致したメールのヘッダーに'X-Mark-Sort-Mark: B'を追加して受信します。
識別ヘッダー'C'を追加して受信する ルールに合致したメールのヘッダーに'X-Mark-Sort-Mark: C'を追加して受信します。

2)追加したルールを一覧表示します。
 追加ボタンを押下して開くダイアログボックスを使ってルールを作成します。

画面

フィルター名 一覧表示する名称を指定します。
処理 条件に一致した場合の処理方法を次のうちから選択します。
受信する、破棄する、ヘッダーのみ受信する、
識別ヘッダー'spam'を追加して受信する、
識別ヘッダー'A'を追加して受信する、
識別ヘッダー'B'を追加して受信する、
識別ヘッダー'C'を追加して受信する
優先度 登録数に応じて優先度を選択して指定します。
ヘッダー 要素 対象となる要素を次のうちから選択します。
題名、送信元、宛先、
Return-Path:、Sender:、 From:、To:、Cc:、Subject:、Reply-To:、
Content-Type:、User-Agent:、X-Mailer:、Received:、 Date:、
Message-ID:、X-Mark-Recipient:、X-Mark-Spam-Flag:
条件 対象となるヘッダーの条件を次のうちから選択します。
に次の文字列が含まれる、に次の文字列が含まれない、
が次の文字列と一致する、が次の文字列と一致しない、
が次の文字列で始まる、が次の文字列で始まらない、
が次の文字列で終わる、が次の文字列で終わらない、
ヘッダーが存在する、ヘッダーが存在しない
キーワード 対象となるキーワードを設定します。
半角128文字まで設定可能です。
サイズ 対象となるサイズの条件を次のうちから選択します。
バイト以下である、キロバイト以下である、メガバイト以下である、
バイトを超える、キロバイトを超える、メガバイトを超える

条件フィルター 仕様一覧

基本動作
マッチング順番 [ルール#1]から順番ににマッチングを行い、最初にマッチしたルールに設定されている処理を実行します。以降のルールは適用されません。
マッチしなかった場合 [どのルールにもマッチしないもの]で定義されるルールを実行します。
設定条件

キーワード条件

文字数 半角128文字まで
設定数 各ルール2つまで
対象部分 基本ヘッダー部分

※ただし以下を除く
・8000バイト以上におよぶ長いヘッダー
・256バイトを超える長いメールアドレス
対応文字コード 正式対応 ISO-2022-JP
US-ASCII
部分的に対応 Shift JIS
EUC-JP
ISO-8859-1
対象となるヘッダー Return-Path:
From:
Sender:
To:
Cc:
Subject:
Reply-To:
Content-Type: 
User-Agent :
X-Mailer: 
Received:
Date:
Message-ID:
X-Mark-Recipient:
X-Mark-Spam-Flag:
題名 Subject:
Comment:
※1つでもマッチすれば有効とします。
送信元 Return-Path:
From:
Sender:
Resent-From:
Resent-Sender:
※1つでもマッチすれば有効とします。
宛先 To:
Cc:
Bcc: (送信側で削除されていない場合のみ)
Resent-To:
Resent-Cc:
Resent-Bcc: (送信側で削除されていない場合のみ)
※1つでもマッチすれば有効とします。

サイズ条件

メールサイズ 指定したサイズ以下、指定したサイズを超える
単位指定 1キロバイト = 1024 バイト
1メガバイト = 1024 キロバイト = 1048576 バイト
キーワードマッチ方法
含まれる 対象になるヘッダーなかのどこかにキーワードが含まれていた場合有効となります。
スペースなどの空白はヘッダー、キーワードいずれの場合も無視してマッチングします。
大文字小文字、全角半角、形の似た記号、その他一部の文字を同一視します。
(詳しくは以下を参照してください。)
アドレス部分と一致 アドレス等に完全に一致すれば有効となります。
メールアドレスの@以前にスペース等を含むアドレスは
 "aaa bbbb"@xxx.ad.jp などとなりますが、この場合、キーワードに " を入力する必要はありません。
ラテン文字の大文字小文字は同一視します。
アドレス部分に前方一致 アドレス部分の先頭にキーワードが含まれていた場合有効とします。

キーワード:train@
train@xxx.ad.jp → ○
train@iris.xxx.ne.jp → ○
isptrain@xxx.ad.jp →×

キーワード:train
train@xxx.ad.jp → ○
traintest@xxx.ad.jp → ○
isptrain@xxx.ad.jp →×

キーワード:train@xxx
train@xxx.ad.jp → ○
train@xxx.ne.jp → ○
train@iris.xxx.ne.jp → ×
アドレス部分に後方一致 アドレス部分の後方にキーワードが含まれていた場合有効とします。

キーワード:jp
train@xxx.ad.jp → ○
train@iris.xxx.ne.jp → ○
train@iris.test.com → ×

キーワード:xxx.ne.jp
train@iris.xxx.ne.jp → ○
train@iris.abcxxx.ne.jp → ○
train@xxx.ad.jp → ×

キーワード:@iris.xxx.ne.jp
train@iris.xxx.ne.jp → ○
train@iris.abcxxx.ne.jp → ×
ヘッダーが存在する 対象になるヘッダーが存在する場合有効となります。このマッチ方法を選択した場合、キーワードは無効になります。
ヘッダーが存在しない 対象になるヘッダーが存在しない場合有効となります。このマッチ方法を選択した場合、キーワードは無効になります。
マッチ方法含まれるで同一視する文字列

文字列

アルファベットの大文字小文字
同じ文字の全角半角
大文字どうしの字形の類似したラテン文字、ギリシャ文字、キリール文字
欧米文字にダイアクリティカルマーク等がついていた場合

(例)

Aa Aa Αα Аа A Jj Jj Ss Ss
Bb Bb Ββ Вв Kk Kk Κκ Кк Tt Tt Ττ Тт
Cc Cc Сс ℃ Ll Ll Uu Uu
Dd Dd Mm Mm Μμ Мм Vv Vv
Ee Ee Εε Ее Ёё Nn Nn Νν Ww Ww
Ff Ff Oo Oo Οо Оο Xx Xx Χχ Хх
Gg Gg Pp Pp Ρρ Рр Yy Yy Υυ Уу
Hh Hh Ηη Нн Qq Qq Zz Zz Ζζ
Ii Ii ι Rr Rr  

以下の形の似た記号

! ! . . 。 → ⇒
" ゛ ¨ “ ” ″ : ; : ; ▽ ∇
# # ♯ < < 〈 《 ≪ 「 『 ┌ ┏
' ` ` ´ ‘ ’ ′ > > 〉 》 ≫ 」 』 ┘ ┛
( ( [ [ { { 〔 【 ? ? ¬ ┐ ┓
) ) ] ] } } 〕 】 \ \ ¥ └ ┗
* * ※ | | ? │ ┃ ⊥ ┴ ┻ ┷ ┸
+ + ┼ ╋ ┿ ╂ ~  ̄ ? ┬ ┳ ┯ ┰
, , 、 ° ゜ ┤ ┫ ┨ ┥
- ー ? ‐ ? ─ ━ 〇 ○ ◯ ├ ┣ ┠ ┝

以下の漢字の異字体

鯵 鰺 鴬 鶯 蛎 蠣 撹 攪 竃 竈
潅 灌 諌 諫 頚 頸 砿 礦 蕊 蘂
靭 靱 賎 賤 壷 壺 砺 礪 梼 檮
涛 濤 迩 邇 蝿 蠅 桧 檜 侭 儘
薮 藪 篭 籠 尭 堯 遥 遙  
槙 槇 瑶 瑤 煕 熙    
処理
設定条件を満たす
メールに対する処理
受信する
破棄する
本文を破棄しヘッダのみ受信する
識別ヘッダー'spam'を追加して受信する
ルールに合致したメールのヘッダーに'X-Mark-Sort-Mark: spam'を追加して受信します。
識別ヘッダー'A'を追加して受信する
ルールに合致したメールのヘッダーに'X-Mark-Sort-Mark: A'を追加して受信します。
識別ヘッダー'B'を追加して受信する
ルールに合致したメールのヘッダーに'X-Mark-Sort-Mark: B'を追加して受信します。
識別ヘッダー'C'を追加して受信する
ルールに合致したメールのヘッダーに'X-Mark-Sort-Mark: C'を追加して受信します。

条件転送設定画面

条件転送設定画面

1)どの転送設定にも当てはまらない受信メールの扱いを設定します。
プルダウンメニューより下記の何れかを選択して、保存ボタンを押下すると機能が有効になります。
設定を変更した場合、保存ボタンを押下することで設定が有効になります。

転送先メールアドレス
転送内容 メール全体 本文を含めメール全体を転送対象とします。
ヘッダーのみ ヘッダーのみ転送対象とします。
ヘッダーと本文の先頭から ヘッダーと本文の先頭から指定行数を転送対象とします。
処理 保存しないで転送する メールボックスに保存しないで転送します。
保存して転送する メールボックスに保存して転送します。
転送しない 転送しません。

2)追加したルールを一覧表示します。

3)追加ボタンを押下して開くダイアログボックスを使ってルールを作成します。

画面

転送設定名 一覧表示する名称を指定します。
転送先メールアドレス 転送先のアドレスを最大5ヶ所指定可能です。複数指定する場合はカンマ","区切りで指定します。
転送内容 条件に一致した場合転送する内容を次のうちから選択します。
 メール全体
 ヘッダーのみ
 ヘッダーと本文の先頭から-行のみ
処理 条件に一致した場合の処理方法を次のうちから選択します。
 保存しないで転送する
 保存して転送する
 転送しない
優先度 登録数に応じて優先度を選択して指定します。
ヘッダー 要素 対象となる要素を次のうちから選択します。
 題名、送信元、宛先、
 Return-Path:、Sender:、From:、To:、Cc:、Subject:、Reply-To:、
 Content-Type:、User-Agent:、X-Mailer:、Received:、 Date:、
 Message-ID:、X-Mark-Recipient:、X-Mark-Spam-Flag:、X-Mark-Sort-Mark:
条件 対象となるヘッダの条件を次のうちから選択します。
 に次の文字列が含まれる、に次の文字列が含まれない、
 が次の文字列と一致する、が次の文字列と一致しない、
 が次の文字列で始まる、が次の文字列で始まらない、
 が次の文字列で終わる、が次の文字列で終わらない、
 ヘッダーが存在する、ヘッダーが存在しない
キーワード 対象となるキーワードを設定します。
半角128文字まで設定可能です。
サイズ 対象となるサイズの条件を次のうちから選択します。
 バイト以下である、キロバイト以下である、メガバイト以下である、
 バイトを超える、キロバイトを超える、メガバイトを超える
曜日条件 チェックを入れた曜日が転送の対象となります。
時間帯条件 ルールに設定する時間帯を選択してください。
※同じ時間を選択した場合には終日となります。

パスワード設定画面

パスワード設定画面

パスワードを変更することが出来ます。

1) 現在設定されているパスワードと新しいパスワードを入力します。

  • 半角で3文字以上、16文字以内
  • 英数字、スペース及び記号「!"#$%&'()*+,-./:;<=>?@[\]^_`{|}~」が利用可能
  • 先頭文字に「-」(ハイフン)は指定不可

2) 変更ボタンを押下することで設定が有効になります。

認証設定画面

認証設定画面

パソコンのメールソフトを利用してメールの受信を行う際に使用する認証方式を指定します。
使用する/しない を選択して、変更ボタンを押下すると機能が有効になります。

USER/PASS(セキュリティレベル低) 使用する
使用しない
APOP(セキュリティレベル中) 使用する
使用しない
CRAM-MD5(セキュリティレベル高) 使用する
使用しない

お問い合わせ